性的少数者(LGBTs)

についての知識不足が招く、いじめや、当事者自身の自己否定などの多くの問題。

それらを改善するための、幼少期・青年期における正しい知識の教育。

また同時に教職員や保護者など学校全体、会社組織など社会全体への啓発を行います。


また、当事者との交流を通して、


「大切なのは性別や国籍、身体的特徴などではなく、人格や人柄であること」


を伝え、考え、理解を深める機会を提供していきます。

私たちASTAは出張授業・講演会を通し、正しい知識の定着、

多様性の向上と当事者の健全な育成を目指します。

事業内容